え…?坂を登って何が楽しいの?!
40過ぎオヤジのてきとーロードバイク日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩周遊、おかわりは風張林道。(大盛りです)
こんばんは。

スイマセン。
このところちょっと忙しく、続きを書くのがなかなか進まず、一週間経っちゃいました。
ようやくです。

先週のライドもあって、久しぶりにいい感じで身体がキレてる状態かな〜と。
足の筋肉のハリが、触ってて気持ちイイ♡

これで今週・来週あたりに龍勢ヒルクライムがあったら、いい結果が出たろうなぁ。

惜しい…非常に惜しいですね。

果たして来年のヒルクライムイベントまで、この状態はキープできるんでしょうか?
 …無理だわな。


さて、前回チーム内HINOHARAステージ対決が無事終わり、次はみんなで”風張林道”に挑戦してみます。

風張林道とは…
檜原村役場を過ぎてすぐのY字路、橘橋交差点を右に行き、白岩沢方面へ。
そこからさらに急勾配の道を行くと奥多摩周遊道路の頂上、風張峠に続いています。
(ゲートがあって車では奥多摩周遊には行けません)

今まで俺が登ってみた坂の中で、ナンバーワンのキツさを誇る激坂です。
DSC00527 r3
(アクションカム画像です。バイクが斜めなので勾配がよくわかりませんが、かなりキッツイところです)

以前俺が単独で風張林道に挑戦した時の模様は、こちらから。

          OKUTAMAステージのあとにまだまだ… その2 風張林道へ

そして後のメンバーでは、アツさんが1度、頂上から偵察がてら下ったことがあるとのことです。
その時は”絶対ムリ!!”と言っていましたが、今回挑戦を表明!
みんなもつられて参加となりました。

では、その模様を。




前回単独で登った時は、OKUTAMAステージ本番を走って、その表彰式後にもう1本登り、檜原側に下りてから風張林道にアタックという、体力限界3本勝負のラストでした。
そりゃもう限界寸前で、命からがら登りきった…という印象でした。

次来るときはフレッシュな脚で、1本目に登ってみようと思っていましたね。

ところが今回も、HINOHARAステージを1本がっつり登った後の挑戦になってしまいました。
でもまあ、1度登れているので、心の余裕はありました。

なので今回は、3人のガイド役気分で登りました。


IMG_7657.jpg
さて、ドーナツを食べて一休みした後、リスタート!
まだ急勾配はありませんが、ここから10km以上ダラダラ、じわじわと登りが続きます。
IMG_7664.jpg
みんなと談笑しながら登っていきますが、みなさん若干お疲れの様子(笑)
まだまだ本番は先なので、ゆっくりペースでいきました。

ちょっと前までは、どうもゆっくりペースで登るのが苦手で、ついつい踏んでしまって疲れたり、足をつったりしてしまうパターンが多かった俺ですが、
9月の”The Peaks”に向けての練習(前回の風張林道を登った時ですね)と本番を乗り切ったおかげで、脚を使わずに登ることができるようになってました。

その辺も、だいぶスキルアップ出来たんじゃねーかと。
ただ登るだけなら、もうなんぼでも登れる感じですね(ゆっくりですけど)

そう考えると、高いと思っていたThe Peaksのエントリーフィー(15000円!)も、いい授業料だったのかな?
なかなか貴重な経験だったし。

…でも高いか(笑)

IMG_7666.jpg





  途中の崖崩れの工事現場
  そこにたかっているショベルカー!
  何本かのロープで吊るされてます
  あれ乗っての作業、怖いだろね〜

そんなこんなでダラダラ登って、M男がドリンク補充したいってことで、自販機見つけて一休み。
IMG_7965.jpg
ここから分かれ道を左に行くとだんだんと道が細くなり、じわじわ勾配も上がります。
IMG_7964.jpg
そしてみんなのテンションとスピードはじわじわと降下…

で、12km(たしか…)ほど行って、沢沿いの道から鋭角に曲がり上がっていく道が出てきます。
IMG_7668.jpg
ここからが本番です!!
IMG_7672.jpg





  ここで一息、と思ったら最後尾だったM男くん、
  「休むとダレちゃうからこのまま登りますっ!」
  とそのまま直登…

みんなもそれについていきます。

あ〜あ〜、こっから超地獄なんだから、一息入れといたほうがいいのに…

仕方ない。行くかぁ!
DSC08677.jpg
サイコン下に付けてあるアクションカムのバッテリーを交換し、俺もスタート。
ここはタイムは関係なく、登れるかどうか?何回足を着いてしまうのか?が課題です(笑)
DSC08909.jpg
こっから先はほぼず〜っと10%以上。
ところどころ20%レベルの坂がちりばめられているんです。
DSC09037.jpg
やはり登坂スピードの差があるようで、スタートの順とは逆にM男、フミに追いつきます。
フミと話しながら登りますが、アツさんがかなり前を登っているのが見えます。

アツさん、気合入ってますねぇ。
さっきのリベンジか?
でも、抑えめに行かないと、後でツケが回ってくるぞ〜。

DSC09150.jpg
イメージとしては、俺らが”つるつる”と呼んでいる梅の木峠(HINODEステージのコース)の一番キツイ1kmが延々続く感じ。
これ登ると、NARIKIステージさえゆるく感じてしまいます。
DSC09227.jpg
右側は開けていて、景色は最高!
ただし、見る余裕があればの話(笑)
DSC09412.jpg
半分ほど進むと、何軒か民家があります。
”きのこセンター”なるところもここに。
景色はいいだろうけど、雪降ったりしたら身動き取れないだろうねぇ
そしてゼッタイ4WD必須だね。
DSC09493.jpg
ちょっと Uターンして、2人の登坂ショットを撮ったりして。
俺、結構余裕あり?!
DSC09541.jpg
民家のあるところは、少し勾配が緩くなり、ちょっとだけ休めます。
それを過ぎるとまた地獄が…
DSC09742.jpg
コツコツ登ると、再びフミに合流。
DSC00040.jpg

そしてその先のアツさんをカメラに写そうと前へ行くと…あれ?

DSC00243.jpg



  なんか自転車を降りて、
  立っている人が〜!(笑)


まさかのアツさん、足つきです!!
どうやら足をつってしまった模様。
IMG_7967.jpg



その時のアツさんからの写真
  ちなみにここが一番急勾配
  かと思います


DSC00335.jpg
やはりハイペースがたたったようですね〜。
一番”足をつかないで登る!!”と意気込んでいた人が…

フミはそのまま先に行きましたが、俺も自転車を降り、一緒にM男を待ちました。
ま、俺は足つかなくてもいけますから( ̄+ー ̄) ニヤリ

そしてM男も登場!
DSC00535.jpg
時間はかかってますが、なんとか足をつかずにここまで来たみたいです。
たいしたもんだ。

さて、アツさんを置いて(笑)先に進んで行くと、谷側の木が伐採されてとても見晴らしのいいところがあります。
DSC01026.jpg

しかもここはガードレールもないので、なかなか他では味わえない開放感の場所。
その代わり落ちたらアウトですが。
しかし今日は残念ながら雲の中…
でもちょうど雲の境目な感じです。
DSC01074.jpg 
走っていたら、一瞬スーッと雲が抜けて、先の景色が見通せました!
DSC01116.jpg
思わず足を止めて、撮影タイム。
IMG_7704.jpg
雲海のような、これはこれでいい景色!!

さて、てっぺんまであと一息。
結構キツイながらもコツコツ登って行くと、先にフミの姿が。
DSC01540.jpg
一足お先にゴールしたフミが、ここでもカメラを構えてお出迎え。
DSC01561.jpg

俺、無事ゴール。
前に上まで登った時は、疲労困憊でそのまま倒れ込んで10分ぐらい寝そべってましたねぇ。
今回はみんなのペースで登ったせいか、余裕がありました。

DSC01777.jpg
数分後、アツさんゴール!
DSC01824.jpg
さらに、M男も無事ゴール!!

なんだかんだ、全員登り切っちゃいました!立派立派!!
これならみんな、The Peaksもイケんじゃねぇ?!

さてさて、時刻はもう3時過ぎ、時間も無くなってきたので急いで下山します。
DSC02740.jpg
予定では”数馬の湯”で温泉に浸かってから帰るつもりでしたが、時間がないのでスルー。
DSC02832.jpg
ガシガシ踏んで下ります。
DSC03407.jpg

DSC04228.jpg

そして橘橋手前の”たちばな家”にて遅〜い昼食。
IMG_7979.jpg

IMG_7980.jpg
ノンアルコールで「カンパ〜イ!!」
IMG_7731.jpg
登ったカロリーを補給!
五目中華そば&カツ丼大盛り
摂りすぎ?
IMG_7732.jpg
さて、食べ終わって気づくと5時前。
日が短いこの頃では、すぐ真っ暗になっちゃう!
急いで青梅まで帰ります。

しかし五日市駅に着くまでに真っ暗。
俺、ライト類を忘れちゃったのでみんなの間に挟まれて帰ります。
6時前に無事帰宅。

130kmほどの楽しいライドでした〜。
M男にとっては最長ライドだったようです。

このメンバーでは、今年はこれで走り納めかな?
次にこのメンバーで走るのは、M男が富士ヒル参戦を発表したので、半年後くらいですかね?


よかったらポチッと押してもらえると、嬉しいです!
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

コメント

斜度10%が すごく楽に感じるという不思議な感覚 初体験(´∀`*)ウフフ
「何じゃこりゃ〜っ!」と思ったケド
多分もう、元に戻ってるダロナ(>_<)
[2014/11/10 20:41] URL | Fumi #hRZWtp9. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakaagaribikes.blog.fc2.com/tb.php/138-a0519baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

katsu.u

Author:katsu.u
走ったり、登ったり、いじったり、組み立てたり(自己責任で)、自転車(ロードバイク)ネタを中心にやってます。
タイトルは、周りの人やカミさんによく言われるひとことです…。



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



アクセスランキング

ブログランキング参加しています。 良かったらポチッと!

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
303位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。