え…?坂を登って何が楽しいの?!
40過ぎオヤジのてきとーロードバイク日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼、フレームクラック!原因不明!! どうなるのぉ〜?!
おはようございます…orz

なんとも、悶々とした日々を過ごしております。
あと10日でツールド草津だっていうのに、トレーニングにも身が入りませんよ。

前回(前々回か?)の最後に書いた、アレです(泣)

なんだかんだエントリーする気満々でいた、"The PEAKS"の受け付け開始9時間前に、まさかの決戦用3号機、フレームクラック発見!(ll゚д゚ll)
IMG_4570.jpg

IMG_4572.jpg



  表面上、パッと見は塗装が
  剥がれただけに見えますが、動かすと
  中のカーボンが撓むのが分かります…


いやぁ、テンション下がりました。
てゆーか、気絶しそうでした。

もうね、気付いた瞬間は目の前が真っ暗になりましたよ。
TD草津、富士ヒルが迫っているし、そもそもこのクラックはいつ入ったの?なんでこんなとこに?これ保証効くの?治るの?とかが頭の中でグルグル…。

パニックでした。発狂寸前!


あ、そういえば詳しい事書いてなかったですね。
落ち着け俺。

クラックが入った場所は、左チェーンステーの付け根付近。
BB芯から後ろ6cmほどのところに、下に1cm強、角を回って内側に2cm弱入っていました。
バイクひっくり返して拭いていたら発見ですよ。

メーカーのホームページを見ると、フレームの特徴や製法が載っているんですが、BB回りのカーボンパーツとチェーンステーのカーボンパーツを繋ぐ辺りがちょうどクラックの位置なんですよね。

でもね、ココって、かなり丈夫なとこじゃね?つーか、丈夫じゃなきゃあいけねーとこじゃね?
と思う訳です。

実際、これ気付かないで乗ってたら…

ダウンヒル中とかにバキッと逝ったら…
もしくは大会中、登ってる最中に…

と思うと、コワイですよ!

そういう意味では、不幸中の幸いですかね?

で、そもそもこのクラックはいつ入ったの?って話ですが、ハッキリとは分かりません。
乗っててそれらしい異音がしたとかも憶えてないし。

最後に乗ったのは2月の始め、子の権現を登った時です。
その前は去年の暮れの尾根幹。
ほぼ冬眠状態でしたからね、3号機は。

あ、買った時点では、もちろん入ってませんでしたよ。
最初に自分でコンパウンドでピカピカに磨いて、ガラスコーティング念入りにかけましたから。
こんなクラック、見逃がす訳がない!


さて、このクラックを見つけてから、まず何をしたかというと、フレームの製品保証がどうなのか?をサイトでチェック。

で、製品保証登録(サイトには購入後14日以内に登録しろとありました。もちろん登録済み)の証拠探し。
登録後にメールで登録内容が返信されていたので、一応プリントアウト。

そして、いてもたってもいられず、最寄りのショップ(以前BB交換の時お世話になったところ)にフレーム持っていき、見てもらいました。

店主いわく、
表面からはどれくらいカーボンにダメージがあるかは分からないけど、乗るのは怖いよね。やめた方がいいね。
買ったお店経由で代理店・メーカーに見せたほうがいいよ。
保証については向こうの判断次第だけど。
しっかし、こんなとこ割れんのは初めて見たよ。

との事でした。

ここの店でも扱っているので、ダメ元でこちらからコンタクト出来ないか聞きましたが、それだと話がややこしくなるだけだから、購入したショップからの方がいいとの事でした。
ですよね…


帰宅後、早速購入したショップにメールで連絡。
電話だと思ったことが上手く伝えられなそう(カッカしそうで…)なのでメールにて送りました。

状況やいままでの使い方などを丁寧に文章にして、クラック部分の画像も添付しましたよ。

メールを打つ際に、そういえばどれくらい乗ってるだろう?とガーミンの履歴で調べてみると、まだ500kmも乗ってないんですよね。

ヒルクライムの大会に2回でて、その大会前のトレーニング、あとは何度か登り系のライドで使っただけ。

そしてもちろん落車もないし、段差に乗り上げたことも、停めてて倒したこともないし、整備中にぶつけたり、保管時に落としたこともない。
ローラー台で乗ったこともないしね。

俺だって、扱いがシビアな超軽量フレームだってことは百も承知だって。
そりゃもう、超丁寧に、大事に扱って乗ってたさ。
俺が趣味として所有してる、1番高価なものだもの。

これはどう考えても、このフレームに問題アリでしょ⁉︎(♯`∧´)
車だったら、リコールじゃね?

これが保証効かなかったら、フレームの保証ってなんなのさ!

だんだん怒りに…抑えたけどさ。(−_−#)

と、思っていることをしっかりとメールに乗せて送信ー!


で、夜にはショップから返信。
なかなか早いリアクションでした。

"大変ショッキングなご連絡でした(でしょ!俺だって‼︎)
伺ったその状況から、そちらに落ち度はなさそうですので(ないわ!)、この件を週明けに代理店に連絡しますね。
水曜日辺りには、何かしら返答があるかと思いますよ。
その時はまたご連絡しますから、まっててね。"

との事でした。

う〜ん、不安だ…

とりあえず、ショップには理解してもらえたっぽいですな。
まあ結局はメーカー、代理店の判断次第ですわ。

で、これだけではなんとも落ち着かないので、メーカーのサイトからも問い合わせてみることに。

メールでの問い合わせのページが英語なので、日本語でいいのか不安でしたが一か八かで。
さっきの文章をほぼコピペして送信。


その後、日が変わってThe PEAKS受付開始。
3分後、エントリー完了と。
思えばよくこのローテンションな状況で、このイカれたイベントにエントリーしたなと思いますわ。
ヤケクソでしたねぇ。



翌朝、返信来ました!メーカーから。

内容は、
"文字化けして読めなかったす。
もっかい送って!俺の個人アドレスに。"

と、担当の方から(あ、もちろん丁寧語で)。

ありゃりゃ!でも日本後でOKだったのね。

てっきり俺は、会社自体は海外にしかないと思ってたんですが、日本にも支社があったんですね。
そこの方からメールが届いたと。
しかもこの人、俺、前にお会いしてる!

去年の富士ヒル前日、会場のブースで試乗させてもらった時のその人でした。
(去年は富士ヒル、予選落ちしてましたが、コレに試乗するためだけに会場まで行きました。アホですねぇ)

てなわけで再び文章作成!
再送信!



そこから返信を待つ日々ですよ。
まぁ落ち着かねぇこと。



で、昨日の午後、ショップから返信が!
内容はというと、

"メーカーから、保証に必要な情報を追加で送ってくれってさ。
あと必要なのが、
・フレームのシリアルNo.が写ってる画像
・フレームの全体画像
・ローラー台で使ったか否か?
を送ってくれい!"
(もちろん丁寧語で)

ときました。
ほほう、なるほどね。
なんか、ちょっと光が見えた気がするねぇ。

ちゃんと製品保証登録したフレームか?って事と、その部分以外は問題ない状態か?っていう確認のためね。

でもさぁ、確かに固定ローラーなんかは、フレームに負担がかかるって聞いたことはあるけど(だから3号機では乗ったことないんだけど)、ローラー台で使ったら保証は効かないのかい?
それともただ、参考に聞いただけなのか?

もし、ローラー台乗っててフレーム折れたりしたら、どうなるんでしょうね?
フレームの責任?ローラー台の責任?
自己責任? むぅ…
後で調べてみよう…

いま2号機が折れたらシャレにならん!


帰宅後すぐさま写真とって、ショップに送りました。
ついでにローラー台の件は逆に質問しておきましたよ。


とまあ、現状はここまでです。
さあ、この先どうなるやら。
ドキドキですよ。

おかけでこの文章も、朝の4時に目が覚めちゃって、暇つぶしに売ってるうちに熱が入り、朝練サボって打ってます。
頼むぞ!マジで!!
スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakaagaribikes.blog.fc2.com/tb.php/84-d1b0e061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

katsu.u

Author:katsu.u
走ったり、登ったり、いじったり、組み立てたり(自己責任で)、自転車(ロードバイク)ネタを中心にやってます。
タイトルは、周りの人やカミさんによく言われるひとことです…。



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



アクセスランキング

ブログランキング参加しています。 良かったらポチッと!

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
303位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。